2009年11月29日

中国を学ぼう 中国人の好きな数字、嫌いな数字

今、日本と中国の関係はいいとはいえない。
しかし、古来より日本は中国から多くを学んだ。
偉大な先生だった。
まだまだ教えてもらいたいことは多い。
中国人の数字への感度をしておくことは、
中国との交易が重要とされる、
これからのビジネス界で生き抜くために
大切である。
そういえば、車のナンバー「8888」など、
中国のお金持ちの人が多いようだ。

2009年9月9日は999(スリーナイン)の日だった。
中国では、とてもめでたい日とされ、
多くのカップルが結婚届けを出した。
北京で18879組、上海でも5000組以上が出したといわれる。
9:九は「久」に通じとてもめでたい日とされる。
もともと9月9日は重陽の節句、菊のお祭りの日である。


陰陽五行説では、奇数が陽の数といわれている。
その奇数が重なる日が、めでたい節句となっている。
3月3日、5月5日、7月7日などである。
その中でも9は奇数で最大の数。
その9が重なる日は、陽の極が重なる日である。
もともと、強すぎるからということも会ったらしいが、
今はただ縁起がいいということで、
お祭りの日となっている。

では、嫌いな数字はないのだろうか?
あるようだ。
まず、250。中国語では二百五と書くらしいが、
「まぬけ」を意味するらしい。
昔、銀が500両で1単位だったのに対して、
その半分であり、半端ものに通じるらしい。
さらに、春秋戦国時代に何かの犯人を捕まえるため、
「名乗り出たら1000両あげるよ」と御触れをだしたら、
マヌケなことに4人が名乗り出て、
一人250両づつくれといって、まんまとつかまった、
とか。
posted by hssk1101 at 07:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月28日

妖精が舞う国 神秘の国 チェコ

1.チェコの概要

1.面積 :7・9万km2(114位) (日本:37.8万ku)
2.人口      :10,369,000人(79位)(日本:127百万)
3.GDP      :2,170億ドル(38位) (日本 4兆9,237億ドル)
4.一人当たりGDP :25,395ドル (日本 34,100ドル)
5.公用語:   チェコ語
6.首都     プラハ
7.最大の都市  プラハ
8.大統領    ヴァーツラフ・クラウス
9.首相     ヤン・フィシェル
10.通貨     チェコ・コルナ


日本人にとって、イメージは悪くないといえる。
というよりも、あまり接点がなくよくわからない、
というのが正直なところか。

面積は日本の5分の1
人口は日本の12分の1
GDPは23分の1
というレベル。



2.チェコの経済は

近年は高い経済成長を示した。
GDPの伸び率は、過去10年で3.5%、
過去5年だと5%と安定して伸びている。

EUの加盟国ではあるが、ユーロは使用していない。
通貨は、チェコ・コルナである。
日本には、ほとんどなじみがない。

ユーロの導入を、2010年に予定していたが延期となった。
2009年10月に導入時期を発表することになっている。

貿易相手は、輸出の85%、輸入の70%がEU内の国々があいて。
メインはドイツ。
ドイツ経済の影響を強く受ける。


3.チェコの産業・文化

メインは工業。
輸送機器(自動車、ブレーキ、エンジンオイルなど)が中心。
ボヘミアングラスは世界的に人気がある。

観光にも力を入れている。
首都プラハは歴史のある街であり、観光資源は多い。
隣の国、オーストリアと並んで音楽が盛ん。
ドボルザークはチェコ出身。
モーツアルトはオーストリアの人だが、プラハで活躍した。


4.チェコの今後

昨年(2009年)の世界同時不況の影響は強く受けた。
主産業が、工業であり輸出に依存しているため影響は深刻。
08年のGDPの伸びは3%だったが、09年はマイナス3.5%に落ち込んだ。

ドイツの落ち込みの影響をもろに受けた形となっている。

ドイツの回復が鍵となっているようである。
posted by hssk1101 at 07:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月24日

男の薬膳 男も厨房に入ろう アスメル

男の薬膳 男も厨房に入ろう アスメル

最近の男性は元気がないそうだ。
そうかもしれない。

そんな、元気のない男性、
食べ物にちょっと気を使うだけで、
元気が湧き上がってくる・・そうである。

ちょっとくらいなら、気を使ってもいいと思い、
自分でもやってみようと思った。

たとえば、寒いときに食べるスイーツ。
チョコレートケーキとリンゴのタルトがあった場合、
リンゴのタルトがいいようである。

チョコレートは体を冷やすが、
リンゴは暖める効果がある、からである。

知らなかった。
私など、どちらでもかまわないので、
こういうことを知っていると
体によくて便利である。

このような、技術は「薬膳」という。
中国、漢の時代の医食同源から来ているらしい。


さて、男性の健康の相談で、4件に1件はセックスレスに関する
ことらしい。

そんなときにどうするのか。


セックスレスにはカレー、特にチキンカレーがいい。
中国では、龍と鳳凰が象徴的な、霊験あらかたな動物である。
龍は男、鳳凰は女を象徴するらしい。
食べ物では、龍は海老、鳳凰は鶏肉である。
そこで、男が元気になるためには女を食べればいい。
それは鶏肉:チキンである。
チキンは、アルギニンなどのアミノ酸をとりやすい食材である。
男はチキンカレーで活力がアップする。

カレーはビーフ、ポークよりもチキンがいい。

逆に女は、海老を食べるといい。
男を食べることになるのだから。
海老にはタウリンがいっぱい。
目はキラキラ、セクシー度がアップすること間違いない。

体調に合わせた野菜の摂取も重要だ。
たとえば、パソコンで目が疲れたとき。
カボチャ、ホーレンソーはビタミンAが取れて目にいい。

乾燥肌やアトピーで悩んでいる場合は、
レンコン・ごぼうなどの根菜類がいい。

今の寒い時期に、、ナスやトマトはどうか。
カレーに入れるとおいしいけれど・・

この夏野菜は身体を冷やすので、
冷え性の人には向いていないといえる。

さて、男の一人暮らし
効率的に元気をつけるには・・

コンビニでミートソースを買ってカレーに入れるといい。
ミートソースでは、既にたまねぎなどが一晩に煮込まれて
熟成されているから。
チキン野菜カレーにミートソースを入れて一緒に煮込めば
完璧だ。

posted by hssk1101 at 05:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする