2010年02月28日

ネットビジネスの基本 コンテンツの書き方

ネットビジネスで成功するために
わざわざサイトを見に来てくれた人に
次のハードルを越えてもらうことが大切。

<1>ブログを見にきてくれたお客様が、
  すぐに閉じてしまうといううハードル

<2>お客様に信用してもらうというハードル

<3>お客様に購入・問い合わせに踏み切ってもらうハードル

肝に銘じよう。

詳しくはこちら
http://tinyurl.com/ycfforf
posted by hssk1101 at 06:47| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月21日

ホームページでは伝えたいことを繰り返し書け!

1.ネットビジネスにおけるホームページの基本

ネットビジネスにおけるホームページの基本目的は、
購買率・問い合わせ等のアクセスを増やすことにある。

では、ホームページはどのように作成するべきか?
定説では
・わかりやすくてシンプルがよい
ということになっている。
至極当然である。



2.伝えるべきことは繰り返す

だけど履き違えてはいけない。

書くべき内容を、シンプルにするということは、
書くべき内容を削除して、簡単にするということではない。

伝えたいことは、しっかりと繰り返す必要がある。

伝えるべきメッセージは、
HPの全ての画面で伝えたほうがいいくらいだ。

読者が,HPのトップからはいってくるとは限らない状況では、
なおさらといえる。

たとえばこんな例・・・

ある会社
 外国で観光ガイドを日本人向けにしている会社

ここがホームページでメッセージお客様に伝える場合

この会社のセールスポイント(=伝えたいこと)は
☆日本人による案内
☆しかも安い

この場合、このセールスポイントは、
ホームページののトップに書くとともに、
別のページにも書く。
同じ内容でも、SEO対策上コピペではなく、表現を変えて書く。

例えば、”当社が選ばれる理由” などとして
あいさつ文にも入れる。


3.ひとはそれほど真剣に読んでいない

違うページには、一度書いたことは書かないと
思ってしまう方は多いおもうが、それは違う。

大事なことは、何度でも触れた方がいいのだ。
伝えたいことは、工藤くらい伝えたほうがいいのだ。

なぜならば、読者は、
一度見ただけで、理解できるほど
真剣には読んでいないのだ。

「あっ、これ前のページもかいてあった。しつこい・・」
などと、思って読む人はほとんどいない。

となると、トップページでも触れて、別のページでも書く。
あるページでは、伝えたいことをまとめて書いて、
わかりやすくして伝える。

これくらいのことが必要になる。


4.ウザイと思われることに臆病になるな

ネットショップをひらいているとしよう。

そこで、お客様が知りたいことというと
 例えば店長ってどんな人?
 送料は? 買い物方法は? などである。

そいういう、お客様が知りたいけど、探すのが億劫
そんな情報は、大切な情報である。
複数ページに何度でも載せていい情報である。


たしかに、ウザイ・鬱陶しいと思われることもある。

ただし、一部の人にウザイと思われるデメリットと
多くの人の目に言いたいことが伝わるメリットを
比べる必要がある。

後者の方が大きくて重要である。
posted by hssk1101 at 07:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月20日

シャープな判断力の武器 「オポチュニティコスト」の考え方

機会費用という言葉をご存知ですか?
会計上の用語で、英語では「Oppotunity Cost」といいます。

会計上の用語というより、
企業戦略上の用語といったほうがいいかもしれません。
会計の中の「管理会計」という、
企業の意思決定の手段としての学問の用語だから。

機会費用とは、
ある行動を選択することで失われる、
他の選択肢を選んでいたら得られたであろう利益のこと。


企業の意思決定の例で考えた場合・・

プロジェクトAとプロジェクトBの案があったとします。

そして検討の結果、Aを実行すると決めたとします。
そのとき、コストはどのように計算するのがよいか?

こんな状況だったとします

A:コスト10億 利益:30億
B:コスト30億 利益:40億

経営陣は、利益は小さいけど、コストの安いAを選んだということです。
しかし、Aを選ぶということは、Bを捨てるということであり、
Bから得られる40億を捨てるということになります。

この40億が「機会費用」です。

上の例では、かかる費用だけに目を向けるとAという選択になりますが、
「機会費用」の考え方をいれると、結果は変わってくるかもしれません。


さて、この「機会費用」の考え方、
日常生活でも大いに利用すべきと考えます。

例えば、大学生のバイト
A.バイトをすると、授業には出られず勉強できないけど、
  月10万稼げる。(4年間で480万稼げる)

B、バイトをせずその分勉強すると、
  その分、将来仕事ができるようになり、
  給料が100万(年収で)高くなる(40年間)

こんなことが、よく起こるのです。
たしかに、勉強したからといって、給料が本当に100万円高くなるのかどうか
完全な相関関係を示すことは難しいかもしれません。

ただ、4年間一生懸命勉強した場合と、
勉強せずにバイトをしていた場合の差は、
このくらい、いやこれ以上あるということは、
経験者は痛感しています。そして後悔しています。

要するに、目先のお金だけにとらわれると、
判断を誤りますよ・・
ということでしょうか?


ついでに、例をもう一つ。
目的地に行くのに飛行機を使うと2時間でいけるけど4万円かかる。
3万円が高いからということで、自動車で行くことにした。
15時間かかる。費用はガソリン・高速代で1万。

さあ、どうしますか。

4万と1万の比較だけでは、足りないですよね。
安いからといって、自動車で行った場合の、
時間のロスは十分に考えなくてはいけないですよね。

機会費用(オポチュニティ・コスト)の考え方は、
力強く生きていくうえで、とても有効な知恵だと思います。

是非とも、身体に染み込ませて、いつでも使えるように、
しておきたいものだと思います。
posted by hssk1101 at 07:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。