2010年06月27日

新しい仕事でコンプレックスを感じたとき

新しい仕事でコンプレックスを感じたとき

1.新しい仕事で周りがとても優秀に見えるとき
就職したばかりの新人のとき、
転勤で新しい仕事に就いたとき、
新しいサークルに入ったとき・・・
など、
自分でもバリバリと働きたいと思うのだけど、
なかなかうまくいかない。
知らないことだらけ。
周りの人はとてもよく知っていて、的確に動いている。
自分との差が大きすぎて情けない。

そしてたとえば2ヶ月がすぎて、
何となく動いてはいるが、
まだ足下はしっかりしていない。
周囲の「先輩」に頼らないとやっていけない。

そして、一日一日と進むにつれて、
最初は優しく接してくれていた周囲の人たちも、
何となく冷たくなったような・・・

こういう局面は、おそらく、いっぱい経験するだろう。
こういうとき、周りの人々はとても優秀に見え、
とても頭がよいように見える。

自分の非力を痛感させられる。

2.気にするな 努力せよ
こういうとき、どうすればよいのだろうか?

まず、こういうときは、月並みだけど、
「気にするな」
そして、「努力せよ!」ということになる。


自分の未熟さ、非力さを思い知らされているこのような局面、
もしかしたら、先輩方は君に対して「イライラ」しているかもしれない。
もしかしたら、君は標準よりも覚えが悪いかもしれないのだ。
そういうとき、周りの目はとても厳しくなる。
冷たいものになっていく。

こういうときでも「気にするな」「努力せよ」ということになる。

その先輩は、君に対して特に悪意を抱いているわけではなく、
ただ、知識の少なさに不満をもち、
それと併せてその他の自分の個人的なことでいらだっているのかもしれない。
精神的に疲れているのである。
いらだっている人の態度は厳しくなるのは当然だ。

だから、こういう人の「厳しい態度」を気にしてもしかたないのである。
いらだっている原因は、君にもあるかもしれないが、そのほかにもあり、
それは、全く先方の事情なのである。
イライラする様々な原因を抱え、そのはけ口として、君の未熟さの部分を
使っただけなのである。
気にするだけ損である。

では、こういう場合は。
相手は君に感情的に接しているわけではなく、
もっと冷静な理由で接している場合。
たとえば、「もっと努力せよ」というメッセージを伝えたいと思い、
いらだっている場合。

こういうときに必要なことは、「努力する」ことである。
相手のいらだちにおびえびくびくすることではない。

相手のいらだちにおびえ、
疑心暗鬼になるような場合、
その気持ちは、自分の活力を妨害する。
「おびえ」「疑心暗鬼」という鎖が、自分をがんじがらめに
縛り上げていくようなイメージだ。
そうなると、何をするにもまず、
この鎖をはずしてからということになるが、
この作業はとても大変である。

3.「おびえ」「疑心暗鬼」だけは追い払え
ようするに、相手がどう思っていようと、
相手が、君のことをよく思っていようと、悪く思っていようとも、
「おびえ」「疑心暗鬼」になってしまうと、
自分のエネルギーがどんどんなくなってしまうのである。

だから、絶対に「おびえ」「疑心暗鬼」にならないと決意することが
必要である。
もし、その気持ちが心に生じたと思ったら、すぐに追い払うことである。
そして、「大丈夫」「自分はついている」
「ここで、悪の道に引きづり込まれないですんだ自分はラッキーだ」と
思うのである。

未熟なうちは、いろいろとおもしろくないことが起きると思う。
自分の自由に振る舞える部分が小さいのだから当然だ。
だけど、何があっても気にして、おびえたり、疑心暗鬼になったりしては
いけない。
もし、そういう気持ちがわきあがったら、すぐに振り払うことである。
そして、努力することである。

これが、君が幸せになる絶対的な近道である。
posted by hssk1101 at 07:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

できる範囲でやる その気がついたときから

できる範囲でやる その気がついたときから

1.できる範囲でやる その気がついたときから

何かやるべきことに気がついたら、
その時から、できる範囲で、コツコツとやる。
これさえやれば、無敵である。
どんな困難も発生しえなくなる。

でもこういう不安を抱くかもしれない。
・長い間さぼってしまった。
 今さら頑張っても手遅れだ・・
・ずっと、間違えたまま過ごしてきてしまった。
 修正不能の状況だ・・
こんなとき、今さら、修正して始めても手遅れなのでは・・



2.社会人としての競争で遅れをとってしまったとき

もっと、具体的に書こう。
こんなケースが不安なのだろう。
社会人になって、かなり時間がたったが、
出世・昇進が遅れている。
それなりに、頑張ってきたつもりだが、
今、改めて反省すると、
間違った考えで過ごしてきた。
・いつも不機嫌な、気分の悪そうな態度でいた。
 (→上司に自分のつらさをわかってもらいたかったことの
   自己表現出はあったのだが・・)
・自己啓発が必要と思いながら、無為に時間を過ごした。
など、思い当たる点、反省すべき点がいっぱいある。

などなど考えて、悶々とする。後悔する。

こんな状況になったときこそ、
かみしめてほしい。
「できる範囲でやる。その気がついたときから」を。

いつも、不機嫌でいたことがよくなかったのだから
機嫌良くすればいい。
できる範囲で。

そうすると、このようなことは効果はじわじわとくる
1月後、半年後、1年後と・・だんだんと効果が明確になってくる。

これは、不機嫌そうな人と、機嫌が良さそうな人を
比べた場合に、機嫌がいい人が得る恩恵の大きさを
イメージすればすぐわかるだろう。
人は、機嫌のいい人が好きなのだ。
だから、ただ機嫌をよくしていればいいのである。
できる範囲で。

長い間、勉強をさぼってきたら。
あるいは、間違った勉強法できたため、力が全くつかなかったら・・

これも、すぐにできる範囲で始めればいい。
コツコツとジワジワの効果で、
すぐに力はつく。
3ヶ月、半年、1年後を楽しみにいていればよい。

これもわかるだろう。
ある日、勉強を開始して、毎日コツコツと努力した場合、
1年後にはどうなるかを・・


3.数年後には超優秀な人材になっている。

とにかく、やるべきことが何かに気づいたら、
その時から、できる範囲でコツコツとやるのである。

これが、確実にできれば、数年後には、
ものすごく優秀な人になっている。
posted by hssk1101 at 06:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月26日

デンマークってこんな国

デンマークってこんな国

6/25(2010年)ワールドカップ予選リーグでは、
日本はデンマークに3−1で快勝し、決勝リーグへ進んだ。
ところで、デンマークってどのような国なのか?

データは
1.面積:43,094km²(130位)(日本:37.8万ku)
2.人口: 5 511 451人(108位)(日本:127百万)
3.GDP(MER):3,429億ドル(27位) (日本 4兆9,237億ドル)
4.一人当たりGDP:37,265ドル (日本 34,100ドル)
5.公用語:デンマーク語
6.首都 コペンハーゲン
7.最大の都市 コペンハーゲン
8.女王 マルグレーテ2世
9.首相 ラース・ロッケ・ラスムセン
10.通貨 デンマーク・クローネ(DKK)

(1) グリーンランドでは、イヌイット語(グリーンランド語)も公用語。
(2) 上の各数値は、グリーンランドとフェロー諸島を含んでいない。

国民一人あたりGDPは日本より高い。
生活水準はかなり高く、国民は裕福だといえる。

今回、平均身長の高さが話題になった。
男性は181.5cmである。
一方日本は、170.7cm
10cm以上高い。

昨年、COP15がコペンハーゲンで開かれて、
各国の意見がまとまらずに、
議事長国デンマークの手腕が非難された。

そのとき、デンマークに行った記者等の話では、
食事はかなりおいしくない様子だった。

緯度の高い国なので、夏の日照時間は長く、
冬はとても短いらしい。
夏は、11時頃まであかるいけど、
冬は、日が出ている時間が1日6時間くらい。
ほとんどよるということ。
こんな時に、いったら、気分は重くなるのかもしれない。

COP15も12月だった。
暗かったのだろう。

日本人として、憧れる国ではあるが、
実際に行くと、がっかりする国なのかもしれない。
posted by hssk1101 at 06:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする