2010年09月27日

尖閣諸島沖での中国漁船衝突事件で思うこと

尖閣諸島沖での中国漁船衝突事件の件で、大きく揺れています。ニュースを見ていると、中国がごり押しで無理を通そうとして、非常識極まりない国だとという印象を持ちます。中国は常識の通用しない国だと感じます。でも、正直なところ、日本と中国、どちらの言い分が正しいのか私にはわかりません。わからないというより、判断する根拠を持っていないので判断のしようがないというのが本当のところです。そこで、政府あるいはマスコミの方々にお願いしたいことがあります。尖閣諸島の領有権をめぐる条約や法令等をわかりやすく知らせてほしいということです。日本が尖閣諸島は日本の領土であるとする根拠(日清戦争の下関条約で決めた、第二次大戦後アメリカが領有し日本に返却した、などの、日本の領土と主張する法的根拠)と、中国が自分の領土とする論理的な根拠を明らかにしてほしいと思います。そうすれば、我々国民は不必要に感情的に反応するのではなく、根拠を自分で理解し解釈することができます。でも、おそらく明確な根拠となるものがないことが問題なのだと思っています。日中両国が、自分の領土と主張するその根拠となる条文等からは読み取れないあいまいな部分があり、そのあいまい部分が意見の食い違いの原因となるということに行き当たっており、どちらかのあるいは両者の妥協なくしては解決しない問題になっているのだと思います。
でも、日本の国民がこの問題を論理的にクリアに理解し、解決しないと前に進むことのできない問題は何かということを把握しているのであれば、無用なバカゲタ感情的な意見は出なくなり、また、中国側の的外れな感情的な意見に対しても国民は冷静に「バカな意見」と一蹴するすることもできると思います。さらに、多くの国民がこの問題の問題点をクリアに認識することによって、解決へ向けたアイデアも出てくると思います。ですから、この尖閣問題を論じるときには、冷静にロジカルに、その主張の根拠となるものを公表、報道してほしいと思います。
(そんなこと自分で調べろといわれたらそうかもしれません。私はそれなりに調べましたがよくわかりませんでした。そこで、専門家の方に丁寧に説明してほしいと願っています。)
posted by hssk1101 at 23:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月25日

栄養を取るために、食べたほうがいいというが

栄養を取るために、食べたほうがいいというが

目次
1.栄養が足りないといわれて
2.マスコミの情報
3.栄養は足りている。マスコミにだまされるな


1.栄養が足りないといわれて

カルシウムが足りないから、牛乳を飲めと言う。
サプリのほうが有効という意見もある。

コエンザイムQ10は普通の生活では取れないから
サプリでとれとか、
人間が1日分の必要なビタミンを取ろうとすると、
キャベツ3個ぐらい食べる必要があるとか。

これを聞いて、私などはキャベツを1日に3個食べることは
絶対にないので、
ビタミンCは極端に不足しているの伝はないかと不安になった。

そのため、当時クイッククエンチという、
ビタミンCが入っている飴を大量に食べたりした。
その飴がおいしかったこともあるが、
ビタミンCを取る必要があると考えていっぱい食べた。



2.マスコミの情報

マスコミの流す情報によると、
我々のほとんどは、栄養が不足していることになる。
だから、もっと、食べなくてはならないことになる。

このマスコミの主張に従って食べていたら、
おそらく太ってメタボになってしまう。

闇雲に食べたらメタボになる危険があるのに
マスコミは食べることを進める。
書の食品が、食べる必要があり、
日本人には不足している栄養分が多く含まれているので、
それを食べろという主張である。。

確かに、栄養で足りないものはあるのかもしれない。、
でも、それを補うために、食べるとどうなるのか・・

その足りない栄養素は、取得できることになるが、
その一方で、今の日本人の食生活では、
摂取過多の栄養素も多いだろう。

いや、こちらの取りすぎのデメリットは大きく、
栄養の不足分を補うことによるメリットを
打ち消してしまうほど大きいと思う。

マスコミに脅かされて、無理やり食べようとした結果、
それ以上の毒を体内に取り入れることになっている、
というのが、本当のところではないだろうか。



3.栄養は足りている。マスコミにだまされるな

今の時代、普通に暮らしている限り、
栄養不足で倒れることはないと思う。
普通に食べている限り、
よほどの偏食(たとえば、野菜は一切食べない等)を
しない限り、
一応栄養は取れているのだと思う。

となると、我々は、不足している栄養を心配するより、
食べ過ぎの弊害を心配すべきだろう。

マスコミの情報が、明らかに企業のコマーシャルによる
ものであるのならば仕方がないと思う。
企業は、その商品を売るためにお金を出して広告を
だしているのだから。

でも、通常の情報番組で、不足の栄養素があることで脅して、
それを回避するためには、○○を食べたことがいいなどと
いう番組も多い。

その○○を食べたことによりこうむるデメリットも説明すべきだ。

たとえば、その推薦食品がお菓子類なら、
糖分を取ることによる、糖尿への影響、
人口調味料の問題。。等

そうしないとアンフェアである。
posted by hssk1101 at 05:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月18日

タバコ増税問題について考える

10月からタバコが値上げされます。私も以前はヘビースモーカでタバコ無しにはいられなかったのですが5年ほど前にやめました。やめるのにとても苦労しました。禁煙は100回以上しました。結局最後は、のどを痛め咳が止まらなくなるという形で、体を壊してやっとやめられたというところです。そこで、タバコについてのお願いです。タバコはなくしてほしいです。麻薬扱いにして、吸ったら犯罪というところまでにしていいと思っています。あるいは1箱10万円にするとか。でも、タバコの値上げの話を聞いていると、タバコ農家の問題等の既得権の問題が論じられ、あと喫煙者の権利の問題などが言われ、うやむやになっている感じがします。さらには、タバコを値上げした場合は、値上げによる増収と売り上げの減少による減収の比較、タバコを吸わなくなり健康になることによる医療費の削減と、健康で長生きになる分の年金・医療費の増加分の比較・・などを計算しているとのこと。ようするに、タバコで命を縮めてもらって、その分の年金・医療費は削減するということが政策決定に含まれているのだなと思い怖くなりました。国民の健康も、適当に不健康な状態にしておかないと財政が持たないという考え方です。変だと思います。国民の健康と命は、その他の全てに優先する問題だと思います。そうすると、まずタバコは廃止すべきだと思うのですが、過激な意見でしょうか?
posted by hssk1101 at 08:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。