2012年01月30日

これからの日本

今の政治状況と今後の日本についてです。
今最も重要な問題は、日本が1000兆円以上の借金を抱え、
財政が火の車であり、
その財政負担の最も高い比重を占めるのが社会保障費であり、
これが膨らみ続けているということ。
この財政問題を解決するためには、
国の歳入を増やすか、歳出を減らすことしかないのですが、
そのためには増税か社会保障費の縮減は
避けて通れないことだということはみなわかっているのだと思います。
早急に解決の道を探らなくてはいけない状況です。

そして、おそらく最も取ってはいけない選択肢は、
今のままの状況を続けることだと思います。
何にもしないで、今のままでいるということ、
今の状態から動き出せないということが最悪の状況だと思います。

だけど、TVを見ると、
今のままの税収では日本が破綻すると脅かしつつ、
消費税を上げると、苦しい中小企業がますます苦しくなる映像を流し、
消費税増税に反対し、
社会保障費を縮減する案が出ると、
貧しい人がより悲惨な生活になるという映像を映して、
社会保障費の縮減に反対するというような報道がほとんどです。

どのような改革案が出てきても、
まずはその案を否定して叩き潰す。
そして、結局動けなくなり今のままの状態が続く。
この状況がずっと続いていてこれからも続きそうです。

これはマスコミもかなり悪いように思いますが、
よく考えると、
国民が悪いというか、国民のレベルが低いから
こうなっているようにも思います。
このようなマスコミの報道に
影響され洗脳されてしまうレベルの低い国民ということです。

この国民と今のマスコミによって世論が形成され、
その世論に引きずられて政治が動く限り、
身動きが取れないまま時間がたつことになります。
そして、ますます悪い状況へ行くことになると思います。
こういうことを言うと、おそらく、
日本人はそんなバカじゃない。必ず打開策を見つけるはず・・・
というような楽観論で抑えつけられそうですが、
もはやそのようなことを言っている状態ではないように思います。

日本人は、自分たちのレベルが低いから、知性が低いから、
今のこの悲惨な状態の日本にな手散るということを、
強く自覚・認識したうえで早急に改革に向けて動く必要があると思います。

ところで、どうすればいいのか・・というところで行き詰っています。
posted by hssk1101 at 07:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月19日

官(公務員・独立行政​法人)が規程を作る際​の根拠 「性善説」

規程を策定するにあたって、
(官の世界で民間を対象につくる規程)
どこまでを想定してルールを決めるべきなのか?

その時によく出てくる意見の「性善説」

要するに。性善説の考え方に立つと、
人は故意に悪いことをするようなことはないので、
人の善意を信じてルールは明確に決めなくてよい・・
という考え方。

ん?

よく考えるとおかしい。

性善説はよい。
だけど、こんな曖昧なルールができたらどうなるのか?
善意でも悪意でも、
要するにルールに抵触しなければ、
特に規程に引っかかって処罰されるようなことはないということである。
そんな悪い人はいないというスタンスということになるが、
もしいたとしても、
ルールを作らないということは、
その人たちも許すということである。

これは違うと思う。
性善説を適用するのは、
規程・ルールは考えられる限りの事象を想定して、
しっかりと決めて、
それに抵触した人が出てきた場合で、
その人の善意悪意が処分のファクター、要因になった場合に
初めて適用するものである。

どちらか判断はつかない場合は、
性善説を適用して、悪意はなかったと判断する・・と


性善説云々は、
ルールを作るときに使う考えではなく、
そのルールを適用する時に使うものである。

ルールを作るときに、
性善説を振りかざすのは、
怠慢である。
posted by hssk1101 at 23:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

官(公務員、独立行政法人等)の世界の考え方

官(公務員、独立行政法人等)の世界でよくあること。

ある課題についての意見や考えをまとめる際に、
その内容は、わかりにくく、曖昧な表現となる。
そこを我慢してよく読むと、単なる事象の羅列と簡単な意見が
書いてあるにすぎないことに気付く。
その「単なる事象の羅列と簡単な意見」をわかりにくい難解な(下手くそな)
言いまわしでコーティングするというのが常道のようである。
要するに、結局は、
・そんなことわかってるというようなことを、
・文章を格調高く見せることに主力が置いて
・わけのわからない下手くそな文章に
しているのである。

それでも、簡単な意見であったとしても、
その内容が濃く意味のあるものであればいい。
そして、自分の意見がしっかりとしていて、
その根拠が明確であればいい。

でも、実態としてここが問題である。
多くは、自分の主張はないのである。
少なくとも、現状の規程等をベースに
さらに一歩踏み込むというような意見はないのである。

結局、だから何?
何が言いたい?
という文章となる。

まあこれはこれで良い。
ある一組織の、そのレベルの人たちの仕事のやり方だ・・
と考えれば。

ただし、日本全体がこのようなやり方をしているのであれば、
その非効率は甚だしい。

思えば法律の条文が変にわかりにくいこと、
官が発する文書が、手短でわかりやすいというものではなく、
わかりにくく不快であること
などは、このマインドに原因があるようだ。

一生懸命真面目にやって、
格調高い文章にすることに専心して
その結果出てくるものであるので始末にわるい。

こんなこと、やればやるほど、
社会にとって迷惑でる。
民間企業なら市場から退場させればいいけど、
官はそうはいかない。

日本の国力をそぐ原因だ。



そして、もうひとつ。
これは、ある具体的な事例(事件)であるが、

ある監督機関から、
契約書の記載内容と、実務が食い違っていることを
指摘されたときのことである。

要するに間違えた処理をしていたときのことである。
明らかに間違いだから謝罪し、正すべきところ、
基本的に間違いは認めない。

契約書の記載が、「原則として・・」となってることを根拠に
間違いではないという論陣を張ろうとしたのである。

そこまではまあわかる。
すぐに非を認めずそれなりの論陣を張って対抗することは
よくあることではあると思う。

しかし、この対策議論の中で、
そのロジックで納得してもらえるときはよいけど、
説得できない場合はどうする・・
という質問を発すると、
全員が、
その場合はこうこう説明すればいい、
なんとか説明したおして、わからなくさせて納得してもらえばいい、
ようするに、絶対に納得してもらうのだ・・
ということで、疑問を呈した私を説得にかかる。
そして、そもそもの私の質問の
「もし、せっとくできないときは・・?」の質問には
答えない。その場を煙に巻こうとする。

この感性。
太平洋戦争のとき、竹やりでアメリカの爆撃機に
対抗しようとし、全員に有無を言わさず強制したときの精神、
要するに、目標とすべきことの達成のみを信じて、
それを強く願い、
うまくいかなかったときのことは考えてもいけないという
考え方に通じると思う。

この感覚がはびこっているのだ。

この思考過程を直せば、日本はもっとよくなるように思うのだが・・
posted by hssk1101 at 23:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。