2012年05月29日

政策を審議する専門家って?

役所等公的な機関での仕事の進め方、決め方についての疑問です。よく専門家の先生方に審議してもらって意思決定するというような話をよく聞きます。たとえば、今後の日本の産業競争力を強化するためには、どの産業分野に補助金を投入すべきかなどという議論で。その場合、大学の先生を中心とした専門家が諮問委員となって議論をして、その結果が政策実行されるというようになっています。
ところで、この専門家って信用できるのでしょうか?というより、大学の先生こそ補助金をもらって研究をする立場なので、もっとも濃い既得権益者のような気がします。では、民間から集めればいいかとなっても、民間のどの企業化かという問題がでてきてしまいます。
どうしたらいいのでしょうか?この役所の意思決定に対するお墨付きの問題は結構大きな問題だと思います。
posted by hssk1101 at 23:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東電の利益 家庭用から9割

東電のニュースです。
電力供給が家庭用4割、事業用が9割の比率なのに、利益は家庭用から9割上げているということでバッシングを受けていました。またしても、TV全局が同じスタンス。コメンテータの意見も同じで、「他に選択肢がなく逃げ道がなく取りやすいところから取っていてけしからん」というような意見。
それはその通りだと思います。でもここは算数の問題。利益を家庭用から9割ということで、とても大きいように思いますが、家庭用はそのままにして、事業用からもっと暴利をとって、事業用から9割、家庭用から1割になったらどうなるのか・・思ってしまいます。
東電をたたきたい気持ちはよくわかります。私も叩きたい。でも、こういうあざといやり方は潔くない。マスコミはこんなことが多すぎます。東電にも頭にきているけど、それ以上にマスコミに頭にきている国民は多いのではないでしょうか?
posted by hssk1101 at 23:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月24日

上司や先輩にうまく接触できない若者へ

社会に出たばかりの若者や、
これから社会に出る若者へ伝えたい。
新人のときや新任のとき、
仕事のことなど上司に聞きにくい状態になることが
よく起こると思う。

その人のキャラクターにもよるのだろうが、
怖くてあるいはあまりにも不愉快で
上司に聞くことができないということがよくある。

最初聞いた時は教えてくれても、
その時は、こちらの知識も不十分なこともあり、
実はよく理解できていない。

もう一度聞かないといけない状況になる。
でも、よく「同じことを二度聞くな!」と言われる。
だから聞きにくい。

この上司とこのようなことを繰り返すと、
その後は質問しずらくなり、
一緒にいることも苦痛になってくる。

そうして、なんとか上司に聞かずに済むよう、
周りの聞きやすい人に聞いたりする。
だけど、この周りの人はこの上司ほどは、
よくわかっていなかったりすることは多い。

そういう時、上司はどう思うか?
普通は聞いてほしいと思っている。
自分の得意分野であればなおさらだ。
教えたくて仕方がない場合も多い。

でも、同じことを二度聞かれたら、
多少不快にもなる。
そのとき、最初の回答で
よくわかってもらえなかったことも、
何となくわかっている。

だから、質問されると、
どちらかというと嬉しかったりする。

もう一度、三度目の質問になると、
その上司は、やっぱり怒る。
そして、この段階で委縮してしまう。

委縮すると、その人には近づけなくなる。
その上司を避けて、事を済まそうとする。
とてもぎこちない形となる。


どうすればいいだろうか?
人間関係の難しいところだ。

気にせず、にこやかに機嫌よくしているという
大原則はある。

そしてこの場合でいうと、
ブレイクスルーするということを肝に銘じるとよい。
何度怒られても、その上司に聞くのだ。
聞くにあたってそれなりの普通の努力をして、
質問レベルをそれなりに向上させて聞く。

ついでに、聞くときのコツとしては、
教えてくれることに対する、
反論じみたことをしないことである。
素直に聞くのである。
100%理解してものにしようとして聞くのである。
そして、相手も人間だから、
自分のよくわからないところもあり、
そのところはボカスということも知っておくといい。

このブレイクスルーして、
ちょっと苦手な上司に聞くという努力、
この効果はビッグである。
posted by hssk1101 at 23:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。