2013年07月29日

知恵を渡すと3倍になって帰ってくる

知恵を渡すと3倍になって帰ってくる
自分の知っていること、
役に立つ知識は、
どんどん人に教えることが重要。
けしてけちけちしえはならない。
知恵を渡すと、結局3倍になって帰ってくる。
けちけちと貧乏くさい人は貧乏になる。
けちけちしてはいけない。
どんどん教える。
だいたい、その知識は自分にとっては、
用済みのことは多い。
自分にはもはや必要のない知識であることが多い。
必要なのは、さらに次の知識なのだ。
だから、自分の知識は渡す。
そうすると、次の知識がやってくる。
posted by hssk1101 at 20:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月28日

意見が対立しても、言い負かすな

意見が対立しても、言い負かすな
これは意外と難しいかもしれない。
よく考えてほしい。
意見の違う、変なやつと言い合いになって、
理詰めで言い負かしたとしても、
いいことはあまりない。
相手が、変なやつで、レベルが低くて、
どう考えても間違っているバカでも、
言い負かすとろくなことはない。
ただ、大人しくきいていると、
図に乗って、
「やっぱりオレが正しい、
おまえは間違ってる、反省しろ」的なことを言うかもしれない。
バカなのに。
この状況は、きついか。納得はいかない。
こういうバカとは、極力かかわらないほうがいい。
この状況で、できれば、相手にしない。
相手にせざるを得ない場合もあるかもしれない。
そのときは仕方ない。
でも、感情的にはならないようにしよう。
淡々と主張しよう。相手の非を。
ただ、極力、そういうやつは避けよう。
posted by hssk1101 at 18:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月27日

GPIF(Government Pension Investment Fund) 年金積立金管理運用独立行政法人

GPIF(Government Pension Investment Fund) 年金積立金管理運用独立行政法人
所管は厚生労働省。
厚生年金と国民年金の管理運用業務を行う独立行政法人である。
運用資産額は120兆円。

主な沿革(組織の変遷等)

・1961年11月:年金福祉事業団を設立
・1986年04月:年金資金運用事業を開始(財政投融資他)
・2001年04月:年金資金運用基金を設立
・2006年04月:年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)を設立

00年度までは剰余金を財政投融資に預託し、
一部を年金福祉事業団が運用していた。
01年度から衣替えした年金資金運用基金が
市場での自主運用を開始し、
預託金を圧縮して運用資産を増やしてきた。
厚生労働相が目標とする資産構成割合を決め、
民間の運用機関を通じて株式や債券に投資する。

海外の有力な年金基金である米カルパースの運用資産が20兆円規模。
約120兆円を運用するGPIFは桁違いで大きい。
高齢化に伴う給付の増加で、
運用資産を売却して積立金を取り崩してきている。

株式、債券相場への影響力は大きい。
posted by hssk1101 at 19:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。