2014年01月26日

EBITDA

EBITDA
EBITDA(イービットディーエー/イービットダー)とは、
利払い・税金・償却前利益のことを指す。
Earnings Before Interest,Tax,Depreciatiion and Amotizationの略。

金利や税金、減価償却費を差し引く前の利益のこと。
他人資本(負債)を含む資本(つまり資産)に対して
どれほどのキャッシュフローを生み出したのかを示す財務指標の一つ。

通常、会計制度は国によって異なる。
たとえば、減価償却の考え方や法人税率などは国によって異なるため、
一般的な収益額を示す「当期純利益」では
制度が異なる国の企業の収益性を比較するは困難である。

そこで利用されるのがEBITDA。
国ごとによって異なる差異を出来る限り取り除くことによって
制度が異なる国の企業同士を比較することが出来る。
グローバル企業における金利や税率、
会計基準等の違いによる企業の見かけ上の
利益格差を抑えるための指標としてもちいられる。
(金融・経済用語辞典より)

今般、サントリーが、蒸留酒最大手のビーム社を
総額160億ドル(約1兆6500億円)で買収することで
同社と合意したと発表した。
買収でサントリーHDは世界の蒸留酒メーカーで10位から3位に浮する。

このような海外企業の買収を検討する際に、
買収額とEBITDAの比較をするようだ。
通常10倍(買収額/EBITDA)を超えると手を出さないらしいが、
今回は20倍を超えているよう。
ただ、お酒は急激に需要が冷え込むことのない商品ということもあり、
勝算ありと見込んだ模様。
(お酒は一度、市場をとるとその市場が一気になくなることはほとんどない。
ゲームなどは一気になくなることはある。)
posted by hssk1101 at 18:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月25日

東京と大阪の料理の相違

東京と大阪の料理の相違
東京と大阪では水が違うようだ
大阪の水は軟水で昆布だしがよくしみる。
東京の水は昆布だしがしみこまないのでカツオだしが主流
東京は水がよくないので、味は濃くなる。
カツオだしと醤油。
だからウナギはうまい。
大阪はだし汁がうまく、鍋も水炊き
魚は白身魚。
ふぐもよく食べられる
東京ではふぐはあまり食べられていない。
東京では白身魚より、赤身のマグロなどが好まれる。
濃い醤油味に合うのだ。
そのような違いからか、
ふぐの調理師免許は大阪は簡単に取れるが、
東京は実務経験などを求められきびしいようだ。
だから、うどんは大阪が薄味、東京は濃い味、
そばは東京では濃い味に耐える腰の強いそば。
大阪はあまりそばが発達しなかった・・・
ようだ。
posted by hssk1101 at 21:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月22日

プライマリーバランスとは、

プライマリーバランスとは、
国や地方自治体などの基礎的な財政収支のこと。
一般会計において、
歳入総額から国債等の発行(借金)による収入を差し引いた金額と、
歳出総額から国債費等を差し引いた金額のバランスを見たもの。
プライマリーバランスがプラスということは、
国債の発行に頼らずにその年の国民の税負担などで
国民生活に必要な支出がまかなえている状態を意味する。
逆に、プライマリーバランスがマイナスということは、
国債等を発行しないと支出をまかなえないことを意味する。

要するに国債を考慮しない歳入と歳出のバランスのこと。
posted by hssk1101 at 19:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。