2014年02月23日

朝鮮と日本の関係

朝鮮と日本の関係
朝鮮の歴史を簡単に振り返ると
高麗という国が朝鮮を統一していた(918年〜1392年)
末期の150年くらいはモンゴルに支配されていた。
日本への元寇で、日本に攻めてきたのもこのモンゴルに支配されていた
高麗の人たちである。
モンゴルは明(1368年〜1644年)により倒された。
高麗も李成桂により滅ぼされ、
李氏朝鮮(1392年〜1910年)が建国された。
李氏朝鮮は明にシンパシーを持ち小中華の国として進んだ。
そして日本の秀吉による朝鮮出兵。
満州族による圧迫。
満州族の国、清(1636年に満洲において建国され、1644年〜1912年)により
明は倒され、李氏朝鮮も屈辱的ではあるが清に従う。
日本は豊臣を倒して徳川政権に。
朝鮮は徳川にシンパシーを感じていた。
明治維新。
徳川を倒した薩長政権には抵抗感があったこと、
外交辞令の様式相違等で、齟齬があり、
お互い不快に思ったことなどが悲劇の始まりらしい。
日本は朝鮮に対して不快な感覚を持った。
この歴史の流れは知っておこう。
posted by hssk1101 at 20:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月03日

波乱は誰にでもある。

波乱は誰にでもある。
ビクビクしていたら波乱を招きよせてしまう。
そういう波動になるのだ。
波乱は神様からのプレゼント。
波乱が来るたびに成長する。
そしてもっと幸せになる。
そんな豊かな気持ちを持っている人のところに
本当の幸せがやってくる。
posted by hssk1101 at 21:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月02日

褒める 利害関係のない人を褒める

褒める 利害関係のない人を褒める
誰でも利害関係のある人をほめることはよくある。
特に自分より立場の上の人のことはほめる。
それはまあそれでよい。
ただ、周りの人からはおべっか使いと思われる可能性はある。
利害関係のない人を褒める。
一度しか行かない蕎麦屋など。
そして褒めるのがくせになる。
人を褒めると、まわりまわって自分も褒められる。
人を褒めないと褒められることはない。
posted by hssk1101 at 11:50| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。